初心者向け卓球のルール シングルス戦

シングルスの基本的なルールや進め方
シングルスの基本的なルールや進め方
スポンサードリンク



卓球のシングルス戦

卓球のシングルス戦とは

卓球におけるシングルス戦とは、卓球台を間にして文字通り1対1で対戦することです。

基本的なやり方としては、一人がボールを打ちもう一人が打ち返します。

このボールを最初に打つことをサーブ(正式名称はサービスですが、一般的にはサーブと言われます)。ボールを打ち返す事をレシーブ。またレシーブの応酬のことをラリーといいます。

サーブは1人2本と決められており1人が2回サーブしたら、次はもう1人が2回打ちます。

<参考>卓球の試合形式についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

まずは基本的な得点方法を簡単に覚えましょう。

卓球の基本的な得点方法

卓球の得点方法を図に表しています。(クリックすると拡大します)

卓球の基本的な得点方法

サーブまたはレシーブしたボールを相手が打った時にボールが卓球台の外に出てしまった時

この場合サーブもしくはレシーブ側に得点が入ります

卓球の基本的な得点方法

サーブまたはレシーブしたボールを相手が打った時にボールがネットに当たるなどで手前で2バウンドした時

この場合もサーブもしくはレシーブ側に得点が入ります。

卓球の基本的な得点方法

打ったサーブがネットに当たるなどで相手コートに入る前に手前に落ちた時

この場合、サーブミスとなりレシーブ側の相手に得点が入ることになります。

卓球の基本的な得点方法

打ったサーブがコートを超える前に卓球台の外に飛んでいってしまった時

この場合もサーブミスとなりレシーブ側の相手に得点が入ります。

以上が基本的な得点方法です。この得点方法については卓球協会のルール改正などで変更になる場合もありますので、詳しくはこちらのページもあわせて参考にしてください
[外部サイト] 卓球の基本的なルール(公益財団法人日本卓球協会)

基本的なサーブの打ち方(正式にはサービス)

サーブとは最初の1球目を打つことをいいます。

相手の影響を受けないため、自分の打ちたいコースをめがけて打ったりなどの思い通りのプレイをすることが出来ます。

このサーブは通常2回ずつ打つことが出来ますが、このサーブを打つ権利のことを卓球用語でサーブ権といいます。

はじめに基本的なサーブの打ち方を解説します。

卓球のサーブとは最初の1球目を打つことをいいます。

手のひらを開いて、その上にボールを乗せます。

構えてからサーブを打つ前に、ボールを手に乗せたまま一旦静止します

卓球のサーブとは最初の1球目を打つことをいいます。

まずはコートの外側から16cm以上の高さでボールを真上に投げて、台の外(横や下からは×)から打ちます。

このときにボールが下降している途中でラケットに当てます。

卓球のサーブとは最初の1球目を打つことをいいます。

サーブしたボールを1度自分のコート内にワンバウンドさせ相手コートに入れます。

サーブしたボールが、ネットに触れてから相手コートに入ってしまった場合はやり直し(ノーカウント)となります。

卓球のサーブとは最初の1球目を打つことをいいます。

相手のコートに入ったボールを相手が打ち返せなかった場合に得点ゲットです。

卓球のサーブは相手を翻弄させていくための手段として様々な種類があり、それぞれに打ち方などのフォームが違います。

<参考>卓球のサーブの基本的なルールと打ち方を解説しています。

レシーブの基本とは

自分のコートにワンバウンドしたものを、相手コートに向かって直接打ち返すことをレシーブといいます。

卓球のレシーブとは自分のコートにワンバウンドしたものを、相手コートに向かって直接打ち返すことをレシーブといいます。

相手コートにむかってレシーブしたボールが返ってこなかった場合に、得点ゲットです。

サーブの際は、ネットに触れて相手コートに入ったとしても無効打となりましたが、レシーブの場合、ネットに触れて相手コートに入ったとしても有効打となります。

このルールサーブレシーブにおいて、大きな違いになります。

この卓球のレシーブを打つには相手の放ったボールのコースや回転を見極める必要があります。

<参考>卓球のレシーブ姿勢・回転やコースの見極め方や打ち方を解説。

互いにレシーブを打ち合うことをラリーといいます。

シングル戦におけるテンオール(10対10)からのサーブルール

シングル戦におけるサーブは2本おきに交替して打つと決められています。

自分が2回続けてサーブした後は相手が2回続けてサーブを行います。

ただ、試合形式の中でこのサーブ2本交替のルールの例外があります。

試合形式は通常11点制となっており、どちらかが11点とれば勝ちとなりますが10対10(テンオール)になった時には、どちらかが2点リードするまでは試合は続くルールとなっています。

基本的にサーブは2本おきに交替して打つと決められていますが、例外としてこのテンオール以降は決着がつくまで1本ごとに交替してサーブを打つというのがルールです。

卓球の対戦方式にはシングルスとダブルスの2種類があります。

卓球の初心者向けメニュー


卓球初心者必見の基礎知識やり方を徹底解説
卓球初心者必見の基礎知識やり方を徹底解説
シングルスの基本的なルールや進め方
シングルスの基本的なルールや進め方
卓球のダブルス戦におけるサーブ権やサーブのルール
卓球のダブルス戦におけるサーブ権やサーブのルール
卓球のルールに基づいた試合の試合形式や進め方のルールを解説
卓球のルールに基づいた試合の試合形式や進め方のルールを解説
卓球に必要な用具ラケット、ボール、シューズ、卓球台について詳しく解説
卓球に必要な用具ラケット、ボール、シューズ、卓球台について詳しく解説
卓球技術の基本としてラケットの握り方や打ち方、卓球の基本姿勢などを解説
卓球技術の基本としてラケットの握り方や打ち方、卓球の基本姿勢などを解説
卓球のサーブの役割、種類、基本的な打ち方・コツの解説
卓球のサーブの役割、種類、基本的な打ち方・コツの解説
卓球のレシーブの打ち方、コツ、練習方法を初心者向けに動画などで解説しています。
卓球のレシーブの打ち方、コツ、練習方法を初心者向けに動画などで解説しています。
卓球のシングルス、ダブルスのフットワークの役割やコツや鍛え方,動き方、トレーニング方法などを解説
卓球のシングルス、ダブルスのフットワークの役割やコツや鍛え方,動き方、トレーニング方法などを解説
タイトルとURLをコピーしました