卓球のしゃがみ込みサーブの打ち方・コツ、返し方とは

卓球 しゃがみ込みサーブの打ち方、返し方 卓球の基本技術
卓球 しゃがみ込みサーブの打ち方、返し方
この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク



卓球のしゃがみ込みサーブとは

卓球のしゃがみ込みサーブとはしゃがみ込みながら出すサーブのことです。

スイングと同時にしゃがみ込み、体を下に沈ませてその勢いと力を利用することでボールに強烈な回転をかけることが出来ます。回転は横回転でも下回転でも自在に掛けられることも特徴です。

しゃがみ込みサーブのメリット

卓球のしゃがみ込みサーブは、サーブを打つ時にスイングと同時に勢いよく  しゃがみ込みますが、

このしゃがみ込む際の体を下に沈み込ませる膝の力やスイングをボールに加えて打つことで、ボールに強い回転を掛けることが出来ます。

この膝の力や腕のスイングを使って回転を掛けることが出来るフォームこそが、しゃがみ込みサーブのメリットといえます。

しゃがみ込みサーブの回転

しゃがみ込みサーブは打球する時に、ボールの右側をとらえ、ボールに左横回転を掛けることができます。

打球時にラケットの面を立てて打つことで、この左横回転に上回転を加えられ、左横上回転とすることができ、また、ラケットの面を少し倒すことで、左横下回転に下回転を加えられ、左横下回転とすることができます。

このように、しゃがみ込みサーブは、ボールの表面の打つ場所を変えるだけで様々な回転をかけることができます。

卓球のしゃがみ込みサーブの打ち方・コツ

1,少し台から距離を取って体を正面に向けます。

2,体の前でボールをトス。

3,しゃがみ込みながらボールをラケットのフォア面で切るように打ちます。

卓球の巻き込みサーブの回転の出し方のポイント

卓球のしゃがみ込みサーブは、ボールを打つときにボールの右側を捉えるのがポイントです。

ボールの右側の真横をとらえて切るようにスイングすると左横回転となります。

しゃがみ込みサーブの様々な回転の出し方

卓球のしゃがみ込みサーブは基本的に左横回転ですが、下回転や上回転も加えた左横下回転、左横上回転といった変化を加えてのサーブを打つこともできます。

しゃがみ込みサーブの左横下回転

このときにボールの右下をとらえて下方向に切り下ろしていけば、左横下回転となります。

しゃがみ込みサーブの左横上回転

このときにボールの右上をとらえて上回転を掛けるようにすれば、左横上回転となります。

しゃがみ込みサーブの左横回転と左横下回転、そして左横上回転について解説しましたが、このようにしゃがみ込みサーブはラケットでボールの打つ場所とスイングの方向を変えるだけで様々な回転に変えることが出来ます。

左横回転のサーブに慣れてきたら、上回転や下回転を加えて練習してみましょう。

しゃがみ込みサーブの打ち方の3つのコツ

少し台から離れたところで打つ

しゃがみ込みサーブは、他のサーブと比べると体全体を使ってスイングします。

そのため、あまり台に近すぎるとスイングした拍子にラケットが卓球台にあたってしまう可能性があります。

台を気にせずに思い切りスイングするためにも、台から少し離れて打つのが良いでしょう。

思い切りスイングをする

卓球のしゃがみ込みサーブの技術的なポイントとしては、強い回転をかけるよう
思い切りの良いスイングをすることです。

スイングスピードが遅いと回転がかかりにくくなります。

顔の近くで打球

しゃがみ込みサーブを打つときには、顔の近くでボールを打球します。

トスしたボールの高さに顔を合わせるようにしゃがみ込みながら打球することで、安定したスイングを保ちながら打つことが出来ます。

卓球動画 卓球のしゃがみ込みサーブ

スロー再生あり、しゃがみ込みサーブの打ち方

【卓球動画】必殺!!しゃがみ込みサーブ【卓球スクール・タクティブ】

しゃがみ込みサーブの徹底解説

しゃがみ込みサーブ見るトレ編〜しゃがみ込みサーブ徹底解説〜【卓球】

しゃがみ込みサーブ6種類の打ち方

【卓球サーブ】逆に曲がる反転式しゃがみ込みサーブを含む6種類のサーブをフルバージョン【解説,祐コーチ:モデル,ミユリーナ】

卓球のしゃがみ込みサーブの返し方(レシーブ)

しゃがみ込みサーブは通常、左横回転によるものが多いのですが、上回転および下回転を加えた場合もありますからそれぞれに応じて返し方を変えていく必要があります。

まずは横回転をレシーブするいくつかの方法をご紹介したいと思います。

ボールの回転に合わせる。

しゃがみ込みサーブの左横回転の返球方法としてはボールの回転に合わせて、   ラケットの角度を変え回転に合わせるように打つ方法があります。

左横回転の場合は普通に打ってしまうと自分の左側に流れていきますので、  ラケットの角度を相手コートのバック側に向け、返球することで相手のコート内にボールを飛ばすことができます。

しゃがみ込みサーブの左横回転の返球方法

ボールの回転量をさらに増やして返球

相手のかけた左横回転よりも更に強い回転をかけて打つことです。

相手のかけた回転よりも更に強い回転をかけて打つことで、相手の返球を困難にすることができます。

このしゃがみ込みサーブの左横回転に対し、ボールの回転力を更に強くして返球する 効果的なレシーブ技術にフリックが挙げられます。

<参考>卓球のフリックの打ち方・コツについてはこちらの記事で解説しています。

また、卓球の横回転ボールを打つためには、ボールの横回転の仕組みを知っておく必要があります。

<参考>卓球の横回転の仕組みについてはこちらの記事で詳しく紹介しています

横回転と下回転の組み合わせ

しゃがみ込みサーブの左横回転に下回転が組み合わされていた場合には、横回転の打ち方に下回転技術を加えてレシーブすると良いでしょう。

下回転返球技術、ツッツキとストップ

卓球におけるツッツキとストップは下回転返球においては代表的な技術です。

台上の短い下回転ボールをさらに強い回転にして返球することが出来ます。

しゃがみ込みサーブの横回転に下回転が加えられ、左横下回転になった場合は、このツッツキやストップといった下回転向けの返球技術が効果を発揮します。

しゃがみ込みサーブの左横回転のボールに対し、ラケットの角度を合わせながら斜め下にスイングすることで、返球することが出来ます。

<参考>ツッツキやストップについてはこちらの記事で詳しく解説

卓球動画 プロの選手によるしゃがみ込みサーブ

しゃがみ込みサーブの使い手、元世界女王の中国の丁寧選手。

【卓球】変幻自在サーブの炸裂。世界ランク1位気迫の丁寧選手【衝撃】Ding Ning 【table tennis】

まとめ

卓球のしゃがみ込みサーブの打ち方・コツ、返し方などを今回ご紹介してきました。

しゃがみ込みサーブの使い手は世界で活躍するプロの選手の中にも何人かいますが、中でも有名なのが元世界女王の中国の丁寧選手です。日本のプロ卓球選手でサンリツ所属の松平志穂選手もこのしゃがみ込みサーブを使うことで知られています。

いくつものサーブを持つことは、試合の中で有利に動きます。たくさんのサーブを持つことで試合の際に相手を翻弄することが出来、得点に繋がっていきます。是非身につけていきましょう

タイトルとURLをコピーしました