初心者向け卓球のルール ダブルス戦

卓球のダブルス戦におけるサーブ権やサーブのルール
卓球のダブルス戦におけるサーブ権やサーブのルール
この記事は約3分で読めます。
スポンサードリンク



卓球のダブルス戦

卓球のダブルス戦とは

これまでは主に卓球のシングルスのルールについて解説してきました。

<参考記事>卓球のシングルスのルールはこちらで解説

しかし、卓球には1対1のシングルス戦の他に2対2のダブルス戦があります。

ダブルス戦とは2対2で試合をすることです。2人1組になって4人で試合を行います。

このダブルス戦にはシングルス戦にはないダブルス戦独自のルールが2つあります。

今回はこのダブルス独自のルールを解説していきます。

卓球のダブルス戦ルール

1 ダブルスのサーブは対角線打ち

シングルス戦では、サーブを打つ際、相手コート内であればどこでも打つことができますが

ダブルス戦では、自分のコート内の右半面から相手コートの右反面にサーブを打たなければサービスミスと判定されます。

この対角線上のコースのことを、クロスコースといいます。

卓球のダブルス戦の対角線打ち

自分のコート内の右半面から相手コートの右反面にサーブを打つ

審判にサービスミスと判断されると相手に得点が入ることとなります。

また、自分のチームと相手チームそれぞれペアを組んだ2人は

ペア1組につき2本ずつサーブを打つことが出来ます。

これは卓球用語でサーブ権といいます。

<参考>卓球のサーブの基本的なルールについてはこちらで解説。

2 ダブルス戦ではサーブとレシーブの相手が決まっている。

シングルス戦は、1人が1人に対しサーブを打つまたはレシーブを受けていましたが、

ダブルス戦の場合、ペアの二人がそれぞれ決まった相手にサーブを打ち、

決まった相手からのサーブをレシーブで受けるといったルールとなっています。

ダブルス戦におけるサーブとレシーブ参考図

<参考図>ペアを組んだ2人が交互に打つ場合の一例です。サーブは1組2本ずつが基本です。

Aがサーブを打つ時はDがレシーブ側Bがサーブを打つ時はCがレシーブ側

ダブルスサーブレシーブ

Cがサーブを打つ時はAがレシーブ側。Dがサーブを打つ時はBがレシーブ側。

基本的に自分のサーブの相手またはレシーブを受ける相手は変わりません。

1ゲーム終了後両ペアはチェンジエンドとなります。

そうすると、これまで打っていたサーブの相手が入れ替わります。

ダブルスチェンジコート

例えばCサーブの相手がこれまではAだったのがBに変わり、Aサーブの相手がこれまではDだったところがCに変わります。

ダブルス戦ではチェンジコートのたびにサーブとレシーブの相手が変わると覚えておいてください。

チェンジエンドとは1ゲーム終えるごとに互いにコートをチェンジすることをいいますが。

これはシングルスでも同様に行います。

<参考>チェンジエンドとは

シングルス戦とダブルス戦との違いによるまとめ

これまで、シングルス戦ダブルス戦との違いについて解説してきました。

  • ダブルスのサーブは対角線打ち
  • ダブルスはサーブとレシーブの相手が決まっている、ただしチェンジコートで入れ替わる

これ以外の基本的なルールシングルス戦と変わりません。

少しずつルールに慣れていきましょう。

ラケットの握り方や卓球の基本姿勢などの基本技術

タイトルとURLをコピーしました