卓球のバックサーブの打ち方・コツとは

卓球のバックサーブの打ち方・コツとは 卓球の基本技術
卓球のバックサーブの打ち方・コツとは
卓球の基本技術
この記事は約7分で読めます。
スポンサードリンク



卓球のバックサーブとは

卓球のバックサーブとはバックスイングによる横回転サーブ技術です。

腕の力だけでなく、腰の回転を活かすことで強い回転のボールを繰り出すことが出来ます。

バックサーブの回転

バックサーブの横回転

バックサーブボールの回転は基本的には左横回転ですが、

ボールに当てるラケットの角度次第で左横下回転左横上回転も繰り出すことが可能です。

バックサーブにおいてボールにラケットを当てる方向

<参考>卓球の横回転の基礎やしくみについてはこちらの記事で解説。

卓球のバックサーブの横回転の打ち方

まずは卓球バックサーブ横回転基本的なフォームを覚えていきましょう。

卓球のバックサーブ横回転の基本的なフォーム

卓球のロングサーブのやり方のポイント
  1. 体を正面に向けて構え、体の正面でボールをトス
  2. 腰をひねると同時ラケットをバックスイング
  3. バックスイングでひねりを入れた腰を戻しながらラケットフォア側に引く様スイングボールの横をこすります。
  4. 横回転がかかるようしっかりと振り抜きます。

 

バックサーブの下回転の打ち方

バックサーブ回転の多くは横回転ですが、応用技術として下回転を放つことも出来ます。

<参考>卓球の下回転の基礎やしくみについてはこちらの記事で解説

卓球のバックサーブ下回転の基本的なフォーム

卓球のバックサーブの下回転のフォーム
  1. 体を正面に向けて構え、体の正面でボールをトス
  2. 腰をひねると同時ラケットをバックスイング
  3. バックスイングでひねりを入れた腰を戻しながらラケットでボールの下をこすりながら前方にスイング
  4. 下回転がかかるようしっかりと振り抜きます。

 

バックサーブの打ち方のコツやポイント

腰をひねる

バックサーブは腰の動きがとても重要です。

バックスイング同時腰をひねりフォア側へのスイング同時腰を戻すようにラケットを振ることで、回転力を上げることができます。

引くようにスイング(横回転)

バックサーブ横回転をかける場合、バックスイングからボール当てた瞬間ラケット横回転をかけたい方向に引くようにスイングします。打球後フォア側しっかりと振り抜くことで、ボールの勢いをつけることができます。

前方にスイング(下回転)

バックサーブ下回転をかける場合、バックスイングからボール下面当てた瞬間ラケット押すようにスイングします。打球後前方しっかりと振り抜くことで、下回転ボールの勢いをつけることができます。

卓球動画 卓球のバックサーブ

最もバックサーブがかかるコツ

最もバックサーブがかかるコツ【卓球知恵袋】

バックサーブによる下回転

下回転バックサーブの出し方【卓球知恵袋】

卓球のバックサーブによる戦略

1、相手のフォア側に強力な横下回転をサーブ

相手のフォア側に強力な横下回転を落とし、相手ツッツキなどで返球したボールが浮いたのを見計らって、相手のバック側に向けてフォアドライブを打ちます。相手の返球したボールをいかに浮かせるかがポイントです。

この最初のサーブから3球目に攻撃するパターンのことを「3球目攻撃」といいます。

<参考>3球目攻撃には色々なパターンがあります。

2、相手のバック側に強力な横下回転をサーブ

相手のフォア側への攻撃スタイルを行った後、フォア側警戒している相手に対して、あえてバック側横下回転をサーブします。相手が放ったボールが浮いたのを見計らって、今度はフォア側に向けてドライブを打ちます。

相手にフォア側を警戒させ、バック側を狙ってサーブを放つのがポイントです。

こちらも「3球目攻撃」ですが、最初の攻撃とは逆をつく事得点得るチャンスにつなげることができます。

卓球のバックサーブの返し方(返球方法)

卓球バックサーブ下回転のものもありますが、基本的に反時計回りの左横回転ボールです。

横回転ボールは、なれるまでは返球(リターン)することがとても難しいボールです。

初心者の方が左横回転バックサーブ返球するためには、

まずは横回転の仕組み、そして横回転基本返球パターンを覚える必要があります。

そして横回転返球が出来るようになったら、下回転→左横下回転→上回転→左横上回転といった段階を経ていくのが良いでしょう。

ので、まずは 基本的な横回転に関する知識回転パターンを覚えていきましょう。

<参考>基本的な横回転の仕組みについてはこちらの記事で解説

バックサーブの左横回転のレシーブ

卓球横回転ボール返球にはいくつか返球パターンがありますが、

もっとも簡単なやり方はボール回転に逆らわないよう、流すように打つといったやり方です。

卓球の横回転ボールの返球パターン

左横回転の場合は、まっすぐ当てると自分のコートの左側に飛びますので、

ラケットの角度を相手のバック側に向けることで相手のコート内にボールを飛ばすことができます。

バックサーブの左横回転のレシーブ

横回転返球技術フリック

この左横回転ボール返球するための技術としてこの流すように打つやり方のほかに、台上技術であるフリックがあります。

卓球のフリックとは、短めの上回転横回転などのボール返球するための台上技術であり、バックサーブによって左横回転がかけられたボール打つことができます。

<参考>フリックについてはこちらの記事で詳しく解説

バックサーブの下回転のレシーブ

下回転ボールの返球技術 ストップとツッツキ

また、バックサーブの下回転返球するにはフリックと同じ台上技術であるストップツッツキなどが効果的です。

バックサーブの左横下回転のレシーブ

バックサーブの左横下回転ボールの返球

バックサーブ左横下回転ボールは、通常の左横回転下回転が加わっており、やや斜め回転となります。

この左横下回転ボール返球するためにはラケットのラバー面やや上に向けながら

ラケット角度相手コートのバック側に合わせながら、ボール回転に逆らわないよう、

流すように打つといったやり方です。

やや高度な技術 バックサーブの左横上回転のレシーブ

バックサーブによる左横上回転ボールは、通常の左横回転上回転が加わっており、やや斜め回転となります。

その場合、上回転部分の球の頂点ラケットで捕らえ、かぶせ気味にしてラケットの角度

相手コートのバック側に合わせながら、ボール回転に逆らわないよう、流すようにスイングします。

この左横上回転ボールについても、フリックが効果的です。

フリックを使うと、短い距離の上回転横回転ボールコンパクトなフォームで攻撃的に打ち返すことができます。

卓球動画 バックサーブの返し方

初心者、中級者向け バックサーブによる横下回転、横上回転の見極め方

バックサーブ横下・横上の見極め【卓球三昧動画レッスン】

卓球のバックサーブの打ち方・コツ まとめ

卓球のバックカットの打ち方やコツ、フォームなどを解説させていただきました。

卓球のバックサーブはフォアのサーブと比較すると腰の回転を使う分、回転力の強いサーブを打つことが出来ます。

また、ラケットをボールに当てる角度を変えるだけで、横下回転や横上回転などの多彩なサーブを繰り出せるため、使えるようになれば強い武器にもなります。是非身につけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました