卓球の巻き込みサーブの出し方・コツとは

卓球の巻き込みサーブの出し方・コツとは 卓球の基本技術
卓球の巻き込みサーブの出し方・コツとは
この記事は約4分で読めます。
スポンサードリンク



卓球の巻き込みサーブとは

卓球の巻き込みサーブとはボールの外側をとらえて、左横回転をかけるサーブ技術です。

卓球の巻き込みサーブ

ラケットでボールを包んで巻き込むように見えることから巻き込みサーブと言われるようになりました。

巻き込みサーブを打つメリット

卓球の巻き込みサーブは独特のフォームでボールを包み込むように打つため、他の横回転サーブと比べると回転が判りにくく、相手にとって返しにくいサーブとなります。

このサーブを放った際の回転の分かりづらさが、巻き込みサーブのメリットと言えます。

卓球の巻き込みサーブの打ち方・コツ

1、少し台から距離を取って体を横にむけて
2、ひじを背中側に引いてバックスイングを取り、
3、ラケットを左から、右斜め前にスライドして左横回転をかけます。

卓球の巻き込みサーブの打ち方のポイント

卓球の巻き込みサーブの出し方のポイント

卓球の巻き込みサーブは、ボールを打つときにボールの右側を捉えるのがポイントです。

巻き込みサーブの様々な回転の出し方

卓球の巻き込みサーブは基本的に左横回転ですが、下回転や上回転も加えた左横下回転、左横上回転といった変化を加えてのサーブを打つこともできます。

左横下回転

左横上回転

卓球巻き込みサーブ左横下回転
卓球巻き込みサーブ左横上回転

卓球動画 卓球の巻き込みサーブ

巻き込みサーブ見るトレ編〜巻き込みサーブの見分け方徹底解説〜【卓球】

卓球の巻き込みサーブの返し方(レシーブ方法)

巻き込みサーブは通常の左横回転によるものが多いのですが、上回転および下回転を加えた場合もありますからそれぞれに応じて返し方を変えていく必要があります。

まずは横回転をレシーブするいくつかの方法をご紹介したいと思います。

ボールの回転に合わせる。

巻き込みサーブの左横回転の返球方法としてはボールの回転に合わせて、   ラケットの角度を変え回転に合わせるように打つ方法があります。

左横回転の場合は、まっすぐ当てると自分のコートの左側に飛びますので、ラケットの角度を相手のバック側に向けることで相手のコート内にボールを飛ばすことができます。

巻き込みサーブの左横回転の返球方法

ボールの回転の利用

ボールの回転作用を利用して、打つことです。

ボールの回転に合わせて流すようにコースを狙って打ちます。

ボールの回転量をさらに増やす

相手のかけた左横回転よりも更に強い回転をかけて打つことです。

相手のかけた回転よりも更に強い回転をかけて打つことで、相手の返球を困難にすることができます。

この巻き込みサーブの左横回転に対し、ボールの回転力を更に強くして返球する 効果的なレシーブ技術にフリックが挙げられます。

横回転ボールの返球に最適!卓球のフリック

フリックは、横回転のショートボールを打球するのに最適なレシーブ技術です。

短い距離の横回転ボールをコンパクトなフォームで攻撃的に打ち返すことができます。

<参考>卓球のフリックの打ち方・コツについてはこちらの記事で解説。

横回転と下回転の組み合わせ

巻き込みサーブは基本的には横回転サーブですが、この横回転に下回転が組み合わされていた場合には、横回転の打ち方に下回転技術を加えてレシーブすると良いでしょう。

下回転返球技術、ツッツキとストップ

卓球におけるツッツキとストップは下回転返球においては代表的な技術です。

台上の短い下回転ボールをさらに強い回転にして返球することが出来ます。

巻き込みサーブの横回転に下回転が加えられ、左横下回転になった場合は、このツッツキやストップといった下回転向けの返球技術が効果を発揮します。

巻き込みサーブの左横回転のボールに対し、ラケットの角度を合わせながら斜め下にスイングすることで、返球することが出来ます。

<参考>ツッツキやストップについてはこちらの記事で詳しく解説

まとめ

卓球の巻き込みサーブは初心者でも比較的簡単に習得できるサーブです。1つの巻き込みサーブに変化をつけることで左横回転、左横下回転、左横上回転といった単純に3種類のサーブを使い分けられます。是非身につけていきましょう

タイトルとURLをコピーしました