卓球のフットワークと練習メニュー

卓球のフットワークと練習メニュー その他卓球技術
卓球のフットワークと練習メニュー
この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク



卓球のフットワークとは

卓球のフットワークとは

卓球で互いにボールを打ち合うと、ボールは様々なコースに飛んでいきますので、打ちやすい所に動いて打球することが重要になります。

このボールに反応して、足をつかって素早く動いて移動することをフットワークといいます。

このフットワークは卓球をする上では欠かせません。

足のフットワークを活かし、ボールに素早く追いつくことで、素早い攻撃につなげることが出来ます。

卓球にとって必要不可欠なフットワークですが、基本的な足の運び方や動き方があります。

今回は、初心者向けに卓球のフットワークの基本的な動き方と練習メニューをご紹介したいと思います。

卓球のフットワークの基本のやり方

基本的な足の動かし方

卓球のフットワークの足の運び方は反復横跳びが基本です。

卓球のフットワークの基本のやり方

フォア側に動くときは「左足を右足に近づけて、右足を外に出す」

バック側に動くときは「右足を左足に近づけて、左足を外に出す」

フットワークの基本的な動きは、体を卓球台に向けて反復横とびと覚えておいて下さい。

卓球のフットワークのポイント

フォアとバックのフットワークを使い分ける。

フォアとバックのフットワークの違いとしては、バックハンドは、卓球台に対して正面で打つことが多いため、フットワークで打球点に着地したとき体の向きを変えませんが、フォアハンドの場合は打球点に着地したときに腰を回し、つま先の向きを変えるようにします。その後、フォアハンドの打球体制へと切り替えていきます。

フットワークで移動したら必ず止まって打つ。

フットワークでボールの着地点についた時には、一旦必ず止まって打つことが重要です。

フットワークで動きながらボールを打球してしまうと体勢が崩れてしまい、ボールを安定して打つことができません。

フットワークを使ってボールの着地点に移動したら、一旦必ず止まってボールを打ちましょう。

卓球のフットワーク動画

卓球のフットワークの基本 一歩動

【卓球初心者】覚えておきたいフットワーク『一歩動』【右利き】

卓球のフットワークの基本 二歩動

【卓球初心者】覚えておきたいフットワーク『二歩動』【右利き】

卓球のフットワークトレーニング練習メニュー

卓球のフットワークの基本的な動きを覚えたあとは、体がフットワークの動きに慣れるまでには練習が必要です。

基本的な練習メニューとして5つ用意しました。パートナーに協力してもらいながら、練習してみて下さい。

卓球フットワーク練習メニュー

練習メニュー1 フォアハンド2点フットワーク

パートナーより2箇所に交互に打ってもらい、左右に動きながらフォアハンドで返球するフットワークの練習メニューです。

フォアハンド2点フットワーク

パートナーに打ってもらった、中心部のボールをフォアハンドで打球した後に、外側に打ってもらったボールに対し、フットワークを使い回り込んでフォアハンドで打球します。

練習メニュー2 バックハンド2点フットワーク

パートナーより2箇所に交互に打ってもらい、左右に動きながらバックハンドで返球するフットワークの練習メニューです。

バックハンド2点フットワーク

パートナーに打ってもらった、中心部のボールをバックハンドで打球した後に、外側に打ってもらったボールに対し、フットワークを使ってバックハンドで打球します。

練習メニュー3  フォア・バックハンド切り替え2点フットワーク

パートナーより2箇所に交互に打ってもらい、左右に動きながら右側はフォアハンド、左側はバックハンドで返球するフットワークの練習メニューです。

フォアハンド・バックハンド切り替え2点フットワーク

パートナーに台の右端と左端に打ってもらい、 フットワークを使って左右に動きながら、右側はフォアハンド、左側はバックハンドで交互に返球します。

練習メニュー4  フォア・バックハンド2本切り替え2点フットワーク

パートナーより2箇所に交互2本ずつ打ってもらい、左右に動きながら右側はフォアハンド2本、左側はバックハンドで2本ずつ返球するフットワークの練習メニューです。

パートナーに台の右端と左端に2本ずつ打ってもらい、 フットワークを使って左右に動きながら、右側はフォアハンド、左側はバックハンドで交互に返球します。

練習メニュー5  フォア・バックハンド相互切り替え4点フットワーク

パートナーと相互にフットワークを活かしたフォアとバックのお互いの切り替え練習です。パートナーに対し、①のバックハンドで対角線の②に返します。パートナーは②からバックハンドで③に返します。③からはフォアハンドで④のパートナーに返し、パートナーはフォアハンドで①に返します。

パートナーと互いに返球場所を決めてのフットワーク練習です。打球者は①バックハンドと③フォアハンドを返球します。パートナーは②バックハンドと④フォアハンドを返球します。

この練習メニュー1から5までを、目安としては最初の内は10回~20回以上は行ってみて下さい。

慣れてきたら、30、40と回数を増やしていきましょう。フットワークの上達に繋がります。

卓球フットワーク練習動画

フットワークを続けてみよう!卓球入門講座・実践編

【卓球動画】基本練習・切替し・フットワーク・上級者向けの練習【卓球スクール・タクティブ】

ダブルスにおけるフットワーク

ダブルスはシングルスと違い、2人一組でプレイしますからお互いが相手の行動を阻害しないような動きが必要です。

ダブルスの場合、

利き腕が右利き同士のペアの場合。

右利きと左利きのペアの場合。

とおおむね2つの組み合わせが多いです。

右利き同士のペアの動き

右利き同士のペアの場合、フォア側のボールに対しては1人が打ったら  すかさず時計回りで後ろに下がります。

もうひとりは、後ろから時計回りで前に打つといった形です。バック側のボールに対してはその逆の反時計回りになります。

卓球 右利き同士のペアの動き

左利きと右利きのペアの動き

卓球台を前にした状態において基本的に右利きが右側(フォア側)、  左利きが左側に(バック側)に位置をとります。

左側にボールがきたら右側の選手は右斜めに下がり左側の選手が前に出て打ちます。

右側にボールがきたらその反対で左側の選手が左斜に下がり、右側の選手が前に出て打ちます。

右側にいる選手が打つ時に左側にボールがきた場合には、左側にいる選手は反時計回りで後ろに回り、素早く次のボールに備えるため、回り込みます。

卓球 左利きと右利きのペアの動き

卓球動画 ダブルスフットワーク

知るほど強くなるダブルス入門 ①動き方の基本

まとめ

卓球のフットワークの役割や卓球のフットワークの基本の足の運び方や反復横跳びでの動き方などを解説しました。

足のフットワークを活かし、ボールに素早く追いつくことで、素早い攻撃につなげることが出来ます。 このフットワークを素早く行うためには繰り返し反復練習が必要です。

卓球のフットワークの練習メニュー是非活用してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました