卓球 パリ五輪代表 日本代表候補予定選手発表

第33回オリンピック競技大会(2024/パリ)卓球競技 男女日本代表候補予定選手が男女ナショナルチーム監督により発表

記事はこちら

早田ひな選手の経歴・戦績・用具とは

日本女子卓球黄金世代 早田ひな選手卓球選手
日本女子卓球黄金世代 早田ひな選手
卓球選手 日本卓球女子選手
この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク



日本女子卓球黄金世代 早田ひな選手 

伊藤 美誠選手とともに日本の女子卓球黄金世代 早田ひな選手経歴・戦績・用具をご紹介します。

早田ひな(はやた ひな)選手

東京五輪女王と熱い試合を繰り広げる!早田ひな 大会プレー集|WTTチャンピオンズ ヨーロピアンサマーシリーズ2022

生年月日

2000年 7月7日

所属

日本生命

戦型

左シェーク両面裏ソフトドライブ型

出身

福岡県 北九州市

早田ひな選手の経歴

両親はともに卓球とは無縁だったが、地元の卓球教室に通っていた姉の影響で4歳より卓球を始める。

ライバル 伊藤美誠との出会い

小学校2年生で初めての全国大会出場を果たすが、決勝トーナメント1回戦で惜しくも敗れる。(このときの優勝者は後のライバルの伊藤美誠だった)

中学に入り、全国中学生卓球大会で2013年、2014年と2年連続優勝。さらに2014年にはアジアジュニア卓球選手権大会において、ライバルである伊藤美誠と初めてダブルスを組み優勝を果たした。

U21シングル・ダブルス初の2冠達成

2015年には全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)でシングルスで準優勝。その後、高校では卓球部に所属し、高校1年にしてインターハイで優勝。さらにU21による日本人としてシングル・ダブルス初の2冠達成という快挙を果たした。

2016グランドファイナル 女子U-21シングルス決勝 早田ひなvs杜凱琹

ダブルスでコンビを組む事が多い伊藤美誠選手とは常に友人でありライバル関係、また同じ2000年生まれの平野美宇選手とも交流があり 3人共に女子卓球黄金世代といわれている。

2017年以降も伊藤美誠選手とダブルスを組むことが多くなり、ワールドツアー・スウェーデンオープンや全日本選手権などの数々の大会で優勝するなどで好成績を残すが、シングル戦では伸び悩んでいた。しかし2020年の全日本選手権のダブルス・シングルスともに2冠を果たしその成果を認められ、2021年の東京五輪では選手に選出されなかったものの、リザーブとして選出され出場を果たすこととなる。

日本女子卓球のエース

東京オリンピックでは代表に選ばれなかった早田ひなだったが、ひたすら努力を重ね、次第に多くの大会で成果をだすこととなる。

【卓球史に残る大激戦】最終ゲーム10-10から全部見せ!早田ひな vs 中国TOP3・王芸迪|世界卓球2023南アフリカ 女子シングルス準々決勝

数々の試合で成果を出してきた早田ひな選手は、現在は、2024年卓球パリ五輪選考基準 ポイントランキングにおいて他者を寄せ付けない高得点での1位を誇るまでとなる。

2024年卓球パリ五輪への出場。そして伊藤美誠選手や平野美宇選手とともにこれからも日本の女子卓球をけん引していくのは間違いない。

長身を生かしたダイレクトなドライブが得意技で超攻撃的プレースタイルが特徴。

【卓球】【超スーパープレー】早田ひな vs 世界ランク3位!猛攻ラリーからの横入れカウンター

【超スーパープレー】早田ひな vs 世界ランク3位!猛攻ラリーからの横入れカウンター|世界卓球2023南アフリカ 女子シングルス準々決勝

【WINNERSハイライト】早田ひな|パリ五輪日本代表選考会 卓球2022 TOP32

【WINNERSハイライト】早田ひな|パリ五輪日本代表選考会 卓球2022 TOP32

早田ひな選手の主な戦績

2023年全日本卓球選手権大会 女子シングルス 優勝
2023年全日本卓球選手権大会女子ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)(五連覇)
2023年全日本卓球選手権大会混合ダブルス 優勝(張本智和ペア)
2022年全日本卓球選手権大会 女子シングルス 準優勝
2022年全日本卓球選手権大会女子ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)
2022年全日本卓球選手権大会混合ダブルス 優勝(張本智和ペア)
2021年WTT スターコンテンダードーハ大会 シングルス 優勝
2021年WTT スターコンテンダードーハ大会混合ダブルス 優勝(戸上隼輔ペア)
2020年全日本卓球選手権大会女子シングルス 優勝
2020年全日本卓球選手権大会女子ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)
2019年 IITTFワールドツアー・オーストリアオープン ミックスダブルス優勝
2018年 第22回ジャパントップ12卓球大会 シングルス 優勝
2018年全日本卓球選手権大会女子ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)

早田ひな選手の世界ランキング

卓球世界ランキング最新はこちら

早田ひな選手が使用している用具(ラケット)

早田ひな選手の使用ラケットニッタクの「Hina Hayata H2」です。

早田選手本人が、幾度となくテストを重ね、その数多の目標水準をクリアする一本が完成しました。
手ごたえを感じやすいソフトな打球感で、繊細なボールタッチが可能なブレードに、弾性率の高いケブラーとカーボンを組み合わせた新素材「PKC」をインナーに搭載。木材の良さを活かしながら、爆発力を秘めたラケットに仕上がりました。
こだわり抜いた大きめのブレード形状は、回転と安定感を生み出すしなりを最大限に引き出します。
しなやかさにパワーを秘めた、早田ひなモデルラケット
です。

早田ひなが語る「Hina Hayata H2」~性能篇~

早田ひな選手が使用している用具(ラバー)

早田ひな選手の使用しているラバーフォア、バック、両面紅双喜の「キョウヒョウ3国狂ブルー」を使用しています。

フォア面ラバー

中国ナショナルチーム使用のキョウヒョウ。紅双喜製ブルースポンジ搭載。スポンジの一番良い層だけを使用し、威力抜群のパワードライブと相手コートでの伸び・沈みといった独特な軌道を発揮する世界で勝つためのラバー。中国ナショナルチームや日本のトップ選手も使用しています。
日本卓球株式会社が輸入した商品には、裏面(スポンジ面)に”Nittaku”の刻印がされています。

バック面ラバー

中国ナショナルチーム使用のキョウヒョウ!威力抜群のパワードライブと相手コートでの伸び・沈みといった独特な軌道を発揮する世界で勝つためのラバー。

中国ナショナルチームや日本のトップ選手も使用しています。

早田ひな選手SNSや公式サイト

早田ひな選手注目の一戦

2023年全日本卓球選手権大会女子シングルス決勝.早田ひな選手が強敵 木原美悠選手を下し、3年ぶりに栄冠に輝いた。

2023年全日本卓球|女子シングルス決勝|早田ひな 対 木原美悠
タイトルとURLをコピーしました