卓球世界ランキング(2022年1月30日更新)

最新世界ランキング(2022年1月30日更新) 卓球世界ランキング
最新世界ランキング(2022年1月30日更新)
卓球世界ランキング
この記事は約7分で読めます。
スポンサードリンク



卓球世界ランキング(2022年1月30日更新)

ITTF(国際卓球連盟)より最新世界ランキングが発表されました。(2022年1月30日更新)

卓球女子世界ランキング(女子総合)best20

WR 氏名 ヨミガナ 国籍 P
1 孫穎莎 スンイーシャ 中国 7580
2 陳夢 チェン・ムン 中国 7175
3 伊藤美誠 いとうみま 日本 5216
4 王曼昱 ワン・マンユ 中国 5011
5 王藝迪 ワン・イーディ 中国 4427
6 早田ひな はやたひな 日本 3564
7 杜凱琹 ドー・ホイカン 中国・香港 3172
8 石川佳純 いしかわかすみ 日本 3110
9 馮天薇 フォン・ティエンウェイ シンガポール 3070
10 田志希 チョン・ジヒ 韓国 2948
11 アドリアーナ・ディアス アドリアーナ・ディアス プエルトリコ 2914
12 鄭怡静 チェン・イーチン 台湾 2766
13 丁寧 ディン ニン 中国 2690
14 陳幸同 チェン・シントン 中国 2689
15 平野美宇 ひらのみう 日本 2504
16 朱雨玲 シュ・ウレイ 中国 2445
17 劉詩雯 リウ・シーウェン 中国 2415
18 ペトリッサ・ゾルヤ ペトリッサ・ゾルヤ ドイツ 2396
19 ソフィア・ポルカノヴァ ソフィア・ポルカノヴァ オーストリア 2307
20 徐 孝元 ソ・ヒョウォン 韓国 2188

PICkUP 卓球女子世界ランキング選手

孫 穎莎
【WINNERSハイライト】孫穎莎|WTTカップファイナルズ シンガポール 女子シングルス

孫 穎莎(スン・インシャ )は、中華人民共和国・河北省石家荘市出身の卓球選手。ITTF世界ランキングは最高1位。中国期待の若手で、日本の伊藤美誠と同い年。

2020東京五輪においてはシングルス銀メダル。昨今、ヒューストンで行われた世界選手権においてはシングルス銀。女子ダブルス金、混合ダブルス金の3冠を達成するなど中国でも、陳夢とならびトップクラスの実力の持ち主である。

2019年6月から卓球女子世界ランキング1位には陳夢が君臨していたが、2022年1月より孫が陳夢の成績を上回り、僅差で孫が現在世界ランク1位に位置している。

伊藤美誠の最大のライバルとされるが、実力は孫が上であると見られている。

主な成績(2017~)2017世界ジュニア卓球選手権女子シングルス金、世界卓球選手2019ブダペスト女子ダブルス金、2020東京五輪女子シングルス銀、世界選手権2021ヒューストン女子シングルス銀、女子ダブルス金、混合ダブルス金

卓球男子世界ランキング(男子総合)best20

WR

氏名 ヨミガナ 国籍 P
1 樊振東 ファン・ジェンドン 中国 8598
2 馬龍 マ・ロン 中国 5404
3 ウーゴ・カルデラノ ウーゴ・カルデラノ ブラジル 4913
4 張本智和 はりもとともかず 日本 4608
5 梁靖崑 リャン・ジンクン 中国 3841
6 ドミトリ・オフチャロフ ドミトリ・オフチャロフ ドイツ 3798
7 林昀儒 リン・ユンル 台湾 3705
8 ティモ・ボル ティモ・ボル ドイツ 3512
9 許昕 シュ・シン 中国 3452
10 林高遠 リン ガオユエン 中国 3303
11 アルナ・クアドリ アルナ・クアドリ ナイジェリア 3141
12 王楚欽 ワン・チューチン 中国 3007
13 リアム・ピッチフォード リアム・ピッチフォード イングランド 2851
14 パトリック・フランチスカ パトリック・フランチスカ ドイツ 2839
15 マティアス・ファルク マティアス・ファルク スウェーデン 2828
16 鄭栄植 チョン・ヨンシク 韓国 2730
17 ダルコ・ヨルジッチ ダルコ・ヨルジッチ スロベニア 2720
18 トルルス・モアガド トルルス・モアガド スウェーデン 2621
19 張禹珍 チャン・ウジン 韓国 2607
20 シモン・ゴジ シモン・ゴジ フランス 2576

PICkUP 卓球男子世界ランキング選手

馬 龍
馬龍プレー集

馬 龍(マ・ロン )は、中国・遼寧省鞍山市出身の卓球選手。日本ではマリュウと言われることが多い。

幼少期から中国卓球界のエリートと言われており、世界卓球選手権男子シングルス3連覇そして2016リオ五輪に続き2020東京五輪でも男子シングルスの金メダルを獲得。

その他に数々の記録を打ち立てた世界チャンピオンであり、中国卓球界のレジェンド的な存在である。

主な成績(2017~)ワールドカップ2017リエージュ男子シングルス銅,2018ロンドン男子団体金,アジアカップ2019横浜男子シングルス銀,2020東京五輪男子シングルス金、男子団体金

卓球女子世界ランキング 日本人女子選手上位ランキング

WR 氏名 ヨミガナ 所属 ポイント
3 伊藤美誠 いとうみま スターツ 5216
6 早田ひな はやたひな 日本生命 3564
8 石川佳純 いしかわかすみ 全農 3110
15 平野美宇 ひらのみう 日本生命 2504
23 佐藤瞳 さとうひとみ ミキハウス 2074
40 加藤美優 かとうみゆ 日本ペイント 1555
41 芝田沙季 しばたさき 日本ペイント 1550
52 木原美悠 きはらみゆう JOCエリート 1306
55 橋本帆乃香 はしもとほのか ミキハウス 1296
59 長崎美柚 ながさきみゆう 日本生命 1057

PICkUP  卓球女子世界ランキング 日本人女子選手

早田ひな
【公式】黄金世代・早田ひなの進化をDEEP解説!WTTスターコンテンダードーハ特集|卓球ジャパン!2021年10月9日

女子卓球界において、もっとも注目すべき選手といえば、真っ先に早田ひな選手の名前が挙げられてもおかしくはない。

ダブルス・混合ダブルスの名手といわれ、伊藤美誠を始めとした多くの選手とダブルスを組み、数々の好成績を挙げてきたが、シングルスでは伊藤美誠や石川佳純といった強敵に優勝をさらわれることも多かった。

しかし地道に努力を重ね、2020年に全日本選手権の卓球女子シングルス初優勝を果たす。さらに2021年のアジア卓球選手権で女子シングルスでも優勝。ついには2022年全日本選手権の卓球女子シングルスにおいても2度めの優勝を果たした。

現在の所属は日本生命レッドエルフ。長身を生かしたダイレクトなドライブが得意で超攻撃的なプレイスタイルが特徴。世界ランクも16位から6位と大幅にランクアップ。今後の活躍がもっとも期待される選手。

主な成績(2018年~)2018年全日本卓球選手権大会ダブルス優勝、2018年ジャパントップ12卓球大会シングルス優勝、2019年IITTFワールドツアーミックスダブルス優勝、2020年全日本卓球選手権大会シングルスとダブルス優勝の2冠、2022年全日本卓球選手権大会シングルスとダブルス優勝の2冠

卓球男子世界ランキング  日本人男子選手上位ランキング

WR 氏名 ヨミガナ 所属 ポイント
4 張本智和 はりもとともかず 木下グループ 4608
23 丹羽孝希 にわこうき スヴェンソン 2112
28 水谷隼 みずたにじゅん 木下グループ 1864
50 宇田幸矢 うだゆきや 琉球アスティーダ 1258
57 森薗政崇 もりぞのまさたか ボブソン 1128
82 神巧也 じんたくや T.T彩たま 1100
84 吉村和弘 よしむらかずひろ 岡山リベッツ 1081
75 戸上隼輔 とがみしゅんすけ 琉球アスティーダ 1009
74 及川瑞基 おいかわみずき 木下グループ 916
77 吉村真晴 よしむらまはる 琉球アスティーダ 898

PICkUP  卓球男子世界ランキング 日本人男子選手

戸上隼輔
【ハイライト】戸上隼輔|世界卓球2021ヒューストン

戸上隼輔は、三重県出身の卓球選手。 明治大学在学中。 Tリーグは琉球アスティーダ所属。

家族全員が卓球一家であり、その影響から3歳の頃に卓球を始める。高校時代にはインターハイに出場し2017男子シングルス準優勝、2018、2019の連続優勝を果たす。

2017年以降からワールド・シリーズ等数々の大会に出場。数々のメダルを獲得。2019年には全日本卓球選手権大会 ジュニア男子シングルスにて優勝、全日本で初の栄冠を得る。

2022年の全日本卓球選手権男子シングルスとダブルスの覇者となり、世界ランキングが75位と前回より21ランクアップ。プレイスタイルは右シェークドライブ型で力強いフォアハンドが特徴。レジェンド水谷選手の後継者として今後の活躍が期待される選手の一人。

主な成績(2018年~)2018年全日本選手権大会ジュニア男子優勝、2018・2019年インターハイ男子シングルス優勝。2021年WTTドーハ大会混合ダブルス 優勝、2021年全日本卓球選手権男子シングルス優勝、2022年全日本卓球選手権男子シングルス・男子ダブルス優勝(2冠)

タイトルとURLをコピーしました